キングアガリクスとがんへの効果

アガリクスはがんに効果があるとされています。

癌になる原因の1つは免疫力の低下によることは知られています。免疫力が低下すると癌細胞が退治できず増えてしまいます。
ある実験でがん細胞を移植したマウスにアガリクスに含まれている「β-(1-3)-グルカン」を投与したところ、がん細胞増殖の抑制やがんが消失した結果が得られたそうです。

アガリクスが癌に対して効果があることがマウスの実験によって証明されています。

さらに抗がん剤とアガリクスを併用することによって、抗がん剤の副作用低減にも効果があると言われています。

 

一方、次のような見解もあります。

 

そもそもがんに効くのではなかったですか。人に対する影響はどうなのでしょうか。

アガリクスは、「抗がん効果がある」、「免疫力を高める」などといわれ、一般に食品として販売されており、医薬品等とは異なり効能効果を標榜することはできません。また、一般に販売される食品については、国が事前に審査を行う仕組みではないことから、厚生労働省では、ヒトに対する有効性について確認しておりません。

さらに、今回までに得られた結果は、実験動物を用いた試験に基づくものであり、直ちにヒトへの影響を懸念する結果ではありません。

 

(厚生労働省:http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/qa/060213-1.html)

 

キングアガリクス100は、あくまでサプリメントと捉えて摂取すべきでしょう。

 

他詳細は公式サイトへ・・・
公式サイトはコチラ



コメントを残す